現在のページ : トップページ

便秘の原因は運動不足

心身を健康的に維持するためには、運動を適度に行うことが必要になってきます。当然のことですが、便秘も同様で、運動不足というのは大きな便秘の要因になります。
では、運動不足になるとどうして便秘になってくるのでしょうか?運動不足になると一番に体に影響が出てくるのが筋力の衰えです。入院を長期間していると筋肉を使うことが少なくなってくるため、すぐに筋肉は衰えてきます。
一方、排便というのは、赤ちゃんの時から意識しないで行ってきており、非常に自然な現象です。そのため、それほど自覚をしていないかも知れませんが、排便の時にいきむ場合には腹筋を使用しています。腹筋を使用していきむと、大腸は腹圧が上昇して刺激されます。その結果、ぜんどう運動が促され、腸から肛門へ便が押し出されます。また、毎日の暮らしにおいても、腸周りの腹筋などの筋肉を使用すると腸が刺激され、活発な動きになります。腹筋が衰えてくると、このような動きが機能しなくなり、腸の動きが活発でなくなるので、便秘になるのです。
また、運動の効果は、体の調子を整えたり、精神を安定したりすることです。具体的には、胃腸の作用に非常に影響する副交感神経を活発化し、正常に胃腸の作用を維持するのに役に立ちます。運動はハードなものより、軽いウォーキングのようなものの方が便秘解消にはおすすめです。
本サイトでは、大きな便秘の要因、深い関係の運動と便秘、運動不足が便秘の要因、についてご紹介します。

[外部リンク]
便秘の悩みを解消したサイト管理人の体験談サイトです >>> 便秘 悩み